スタッフ紹介

医師:杢保 敦子(モクボ アツコ)

糖尿病は自覚症状が現れにくい病気です。そのため、受診の中断や治療機会をのがして、合併症が進行した段階で発見される場合も少なくありません。
また、良好なコントロールを達成した後も、日常生活の中で糖尿病とうまくつきあいながら、継続して治療していくことが必要です。
糖尿病や甲状腺疾患、生活習慣病の専門クリニックとして質の高い医療を行うとともに、皆様に快適な生活をおくっていただくために、患者さん、ご家族の皆様、われわれ医療スタッフでチームを組んで取り組んでいきたいと思っております。

<専門分野>
糖尿病一般、糖尿病腎症、妊娠糖尿病、糖尿病教育

<所属学会、学位・認定等>
日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医・指導医、
日本妊娠糖尿病学会評議員、日本病態栄養学会評議員、
日本内分泌学会、日本腎臓学会、日本透析医学会
日本医師会認定産業医、医学博士

 

非常勤医師:半田 みち子(ハンダ ミチコ)

昭和50年慶應義塾大学医学部卒、日本糖尿病学会専門医、日本内科学会認定医、
日本腎臓学会専門医、日本内分泌学会内分泌代謝専門医
外来日:毎週金曜日(午前)、第3土曜日(午前)

 

非常勤医師:国島 智子(クニシマ サトコ)

平成8年聖マリアンナ医大卒 日本内科学会認定医
外来日:毎週火曜日(午前)

看護師:寺井 悦子(テライ エツコ)

関東労災病院内科外来で、多くの糖尿病患者さんにかかわることにより、専門的な知識を持つことの重要性を知り、糖尿病療養指導士の資格をとりました。糖尿病は、自覚症状の出にくい疾病です。それだけに思わず進行していたという危険もあります。そのためには、病気を理解し、上手にコントロールしていく病気といえます。
自分だけでは抱えきれない不安を持って、来院される患者さんもいます。そんな時、ナースが忙しく動き回っていると、なかなか声を掛けにくいものです。こうならないように、目線を合わせ一人ひとりと接して、今もっともふさわしいケアができるよう心がけていきたいと思っています。

看護師:木藤 なおみ(キドウ ナオミ)

糖尿病は治る病気ではなく、より良い血糖値にコントロールする病気といわれます。治療は食事療法・運動療法・薬物療法の3本柱になります。
食事や運動といった生活習慣が大きく関わり、自覚症状が少ないためコントロールに苦しむ患者さんも少なくありません。長い療養生活する上でのモチベーションを維持すことも容易ではありません。
そこで病気だからというのではなく、自分自身がより健康的な生活を送るにはどうしたら良いかと発想の転換をし、前向きな療養生活を送って頂くため看護師として培ってきたものを微力ではありますがお役立てできればと思っております。

看護師:細谷 洋子(ホソタニ ヨウコ)

総合病院にて、産婦人科、手術室、消化器外科等を経て、当クリニックに勤務しています。
過去、すべての科や疾患において糖尿病のリスクは常に重要視してきましたが、患者さんとのかかわりは深くもてませんでした。
今回、当クリニックにて勤務していくなかで、患者さんから多くを学び、患者さんからの情報を吸収し、今までの経験・知識を活かしつつ、患者さんとの架け橋になれるように深くかかわっていこうと思っています。

臨床検査技師:進藤 綾乃(シンドウ アヤノ)

今現在の体の状態をすぐに把握できるよう、院内で迅速に検査を行います。患者さんの治療にチームで取り組む医療スタッフの一員として、検査への見識を深め、患者さんに寄り添って力になれるように心がけていきたいと思います。

 

臨床検査技師:本田 恵理子(ホンダ エリコ)

日本超音波医学会認定超音波検査士(消化器領域)
腹部エコー、頚動脈エコー担当
外来日:第4を除く水曜日、第4土曜日(午前)

 

管理栄養士:
山路 邦子(ヤマジ クニコ) 大森 綾(オオモリ リョウ)

医療事務スタッフ

わたしたち医療事務スタッフは、不安で心細く来院された患者様と最初に接する役割を担っています。当クリニックの特長である、明るい笑顔と清潔な身だしなみで、常に優しい対応を心がけています。また、診療をお済ませののちは、お待たせせずに会計を終えられるよう効率のよいチームワークをとっています。
安心してご来院いただき、笑顔でお帰りいただけるような気配りや目配りをすることがわたしたちのモットーです。