診療方針

わたしたちは、これまで培ってきた知識と経験を生かした医療を提供します。
糖尿病、高脂血症、甲状腺疾患などと上手につきあい、生活の質を下げることなく、楽しい人生を送っていただくため、
患者様一人ひとりに合った最適な医療を提供します。

クリニックの特色

患者様の立場で、一人ひとりの病状や生活に合わせた医療を提供します

  • 日本糖尿病学会専門医と糖尿病療養指導士の資格をもつ看護師が診療にあたります。
  • 血液検査機器は、院内に最新のものを導入しました。
  • インスリン治療の必要な方は、外来でインスリン治療を始められるよう指導します。
  • フットケアなど日常生活のすごし方も専門的できめ細かい指導をします。
  • 管理栄養士による栄養指導、健康運動指導士による運動療法も行っています。

通院しやすい環境を整え、継続して治療を受けられるクリニックをめざします

  • 待ち時間少しでも減らすため、予約診療としました。
  • 血糖値、HbA1c、生化学検査(一部除く)は最新の機器で測定し、当日結果をお示ししながら診療を行います。
  • 受診しやすいように開院時間は8:00(診療開始8:30)。土曜日の午前中も診療しています。

疾病と上手につきあうことで、前向きな楽しい人生を送る手助けをします

  • 明るく清潔なクリニックは、待合室もふくめて安心していただけます。
  • 専門家でありながら、いつでも優しく気さくに接することのできるスタッフです。
  • 運動教室、お料理・お食事会、ハイキングなど、友の会「もくぼ内科クリニックきづき会」の活動も行っていきます。

糖尿病の実態

いまやわが国の糖尿病患者は予備軍を含めると2210万人を超え、国民の約4人に1人(40歳以上に限れば10人に3人の高率)にあたるとされています。昨年1年間だけでも340万人も増えたことになり、増加傾向に拍車がかかっています。放置すれば網膜症、腎症、神経障害などの合併症が進み、失明や人工透析など著しく生活の質(QOL;quality of life)が低下するだけでなく、最近は、内臓脂肪の蓄積により、糖尿病予備軍の段階からメタボリックシンドロームを併発して、心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化による疾患のリスクが増すことも知られています。

糖尿病には、自己免疫やウイルス感染が原因と考えられている1型糖尿病と、糖尿病になりやすい体質に生活習慣(過食、運動不足、ストレスなど)が重なって発症する2型糖尿病があります。1型糖尿病では適切なインスリン治療が、2型糖尿病では生活習慣の改善と食事療法、運動療法が治療の基本となりますが、いずれも個々の患者様にあった適切な治療によって血糖を良好にコントロールすれば、合併症を防ぎ、快適な生活をおくることが可能です。